【PR】
★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜 ★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> ライディング テクニック >> 不得意コーナーの克服方法

不得意コーナーの克服方法

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



プロバイク・ライディング・テクニック
のページより、

PART 1 不得意コーナーの克服方法

の記事がありましたので、

情報発信しますね!



左旋回は難なくできて、

右旋回が不得意という方が多いのをご存知でしょうか?



コーナーリングはハンドルに力をいれすぎないことです

右旋回が不得意という方は、

ハンドルに対して力を入れすぎているからです。



コーナーリングに慣れないと、

ハンドルに対し切れ込もうとするハンドルを押さえてしまいがちです。

左旋回の時は左手で押さえ、

右旋回の時は、右手で押さえる。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



その時、右手の操作は、

押さえる操作とアクセルの操作、

場合によっては、ブレーキの操作まで同時にしないといけない。



操作が複雑になってしまっている分、

右手には余計に力が入り右旋回を妨げているのです。



また、このような力の入り方の違いは、

バイクに対する体の角度にも現れることが多くあります。

苦手側の旋回は、得意旋回側と比べると、

体が逃げてしまっているのです



得意側がリーンウィズなのに対し、

不得意側はリーンアウトの形になっています。



これを直すには、

まず自分のフォームをもう一度客観的に見てみることです。

あるいは見てもらうことが第1歩です。

特に雨の日ははっきり違いがわかるので、

ビデオチェックをやってみてはいかがでしょう。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら










ridingmasplus | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:ライディング テクニック
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback