【PR】
★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜 ★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> バイク ライディング テクニック >> コーナーを曲がる直前での重心は、どうすれば曲がりやすいか?

コーナーを曲がる直前での重心は、どうすれば曲がりやすいか?


ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら
 


あなたは、

コーナーを曲がる直前での重心は、

どうすれば曲がりやすいかご存知ですか?



自転車で考えるとわかりやすいと思います。

カーブや交差点を曲がる時に何か特別な体重移動をしますか?

「なにもしていない」という方がほとんどだと思います。



もし、自転車で無理やり体重移動してカーブを曲がろうとすれば

大きくバランスを崩してしまいます。



バイクでも基本的には同じように、

過度に何かをするよりは何もせずいたほうが、

むしろバイクが素直に動いてくれます。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



ライディングの基本は、

バイクにはバイクが動きたいように任せて素直に乗ることです。



「踏む」のではなく

「載せる」が正しい表現です。



では「載せる」とは、

どういうことかというと、

ほんのわずかな体の動きで「載せる」ことです。



具体的には、

ちょっとした目線の向け方だけでも、

「載せる」ことができます。



試しに、

顔全体を使って、

右や左に動かしてみてください。

顔の向きで体重の載り方が違うと思います。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



自動2輪の免許を取るときに、

コーナーではよく先を見なさいと教わったと思いますが、

ここにも意味があります。



オーバースピードカーブに進入してしまった時などに、

カーブの途中でガードレールなどを見てしまえば、

そこに体重が移動することもありますから、

吸い寄せられてしまいます。

そんな時もあせらず先を見れればなんとかなります。



ただし、

こんなことにならないようしっかりスローインするのが鉄則です。



しかし、

実際の走行にあたっては、

これらのことをしっかりできるためには、

フォームであるとか、

ブレ−キングの仕方であるとか、

さまざまな要素が絡み合ってくるため、

「なにもしない=載せる」は頭ではわかっていても、

なかなか難しいです。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら












ridingmasplus | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:バイク ライディング テクニック
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback