【PR】
★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜 ★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> バイク ライディング テクニック >> リーンアウトとは?

リーンアウトとは?


ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



あなたは、

サーキットやコースで、

転倒してしまったことはありますか?

多くのライダーが、一度や二度ぐらい経験があるはずです。



コーナーリングは、

楽しいバイクの醍醐味ですが、

転倒のリスクが多いのも事実です。



この転倒のリスクを回避するためには、

コーナーリングに工夫が必要です。



コーナーリングの基本姿勢には3つあります。

リーンアウトとリーンインとリーンウィズの3つです。

ポイントは、

目線とリラックスです。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



今日はリーンアウトについて情報発信したいと思います。

リーンアウトとは?



コーナーリング中のバイクのリーン(傾き)に対し、

身体を起こしたフォームのことです。

特徴は3つあります。



1つめは、

滑りやすい路面などで滑ったときに対応しやすく、

身体がバイクより外側にあり、

滑りが発生した時に、

滑る方向に身体があるため押さえやすく、

オフロードでの走行に向いています。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



2つめは、

低速走行時のUターンのバランスがとりやすい。

低速時には、遠心力の発生が少なく、

傾いたバイクはさらに倒れこもうとしてしまいます。

そのため、

バイクとちょうどV字バランスの形をとることになり、

バランスがとりやすく、

トライアル競技に向いています。



3つめは、

その他のフォームと比較すると同じ速度、

同じ半径のコーナーを走行する際、

バイクの傾きが深くなるので、

滑りだしが速くなります。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら




ただし、

注意すべき点が2つあります。

1つめは、

リーンウィズで走行しているつもりでも、

実際は腕に力が入りすぎてハンドルを抑えすぎてしまい、

リーンアウトになってしまう。



2つめは、

ハンドルを抑えて身体を外側にもっていくのではなく、

下半身でしっかりバイクをホールドし、腕の力を抜くことです。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら











ridingmasplus | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:バイク ライディング テクニック
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback