【PR】
★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜 ★ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> ジョー オニヅカ ツーリング 一目置かれる ライディング テクニック 習得法 ハーレー アメリカンバイク編 レビュー 内容 評判 評価 ブログ >> リーンウィズとは?

リーンウィズとは?

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



 リーンウィズとは、
コーナーリング中のバイクのリーン(傾き)に対し、
身体の傾きを同じようにそろえるフォームのことです。



特徴として3つのパターンがあります。
1つめは、リーンアウト、リーンイン両方の特性を備え持つ両方の中間ポジションのことです。
2つめは、どちらのフォームにも移行がしやすいオールマイティなフォームのことです。
3つめは、一般的に教習所などで教えるフォーム



とくに1つめの中間ポジションについては、
自分ではできているつもりでも意外とできていない人が多いのが実情です。



基本的にはどんな状況でも、
対応がしやすいリーンウィズを心がけることが大切です。



まず、
リーンウィズがしっかりできなければリーンインやリーンアウトも使い分けできません。
たとえば低速のUターンなどではリーンアウトを使ってみる。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



リーンインは一般道ではあまり使うことはありませんが、
峠道などコーナーの途中にマンホールがあったり、
排水用の溝に格子状のフタされていたり、
橋の手前の金属の路面継ぎ目があったり、
どれも非常に滑りやすくなっています。
一般道での滑りは即転倒につながる危険性があります。
こういうときは滑り防止のためのコントロールを考えるより、
滑らせないことが大切です。



そこでコーナーに進入するときには、
リーンウィズで進入し、
もしそのような所があったら、
その場所だけなんとか滑らさないように、
瞬間的に身体をイン側に入れて、
身体の角度はリーンウィズの状態を維持し、
バイクだけを起こします。



こうすることで結果的にリーンインの形になります。
このようにリーンインの形をとりバイクを立てます。



具体的には、
バイクがほぼ直立の状態になるぐらい立てます。
フルバンクの状態からでは、
めいっぱい身体を移動してもそこまで立てることはできません。

ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら



もしこのときに滑ってしまったらリーンインの状態では、
対応ができないので注意が必要です。





引用サイト:プロのインストラクターが教える Bike Riding Technic バイク・ライディング・テクニック
http://www.tec-r.com/rt/



ジョー・オニヅカの「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜」の公式サイトはこちら

ridingmasplus | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:ジョー オニヅカ ツーリング 一目置かれる ライディング テクニック 習得法 ハーレー アメリカンバイク編 レビュー 内容 評判 評価 ブログ
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback